オオハクチョウ

2014.11.30 (Sun)


oohakucyou_14_11_30_01.jpg

oohakucyou_14_11_30_02.jpg
↑もう少しでハートだったのに残念↑
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

今季も干潟に2羽のオオハクチョウがやって来ました。
光線状態が悪かったので位置を変えようと、車外に出たらどんどん沖へ行ってしまいました。
渡って来たばかりなので、まだ警戒心が強いですね。

↓突然目の前に飛んできたカワセミさん、留まった枝が今一ですが、紅葉バックと言うことで(^^;;↓
kawasemi_14_11_27_00.jpg


スポンサーサイト

ハイイロチュウヒ

2014.11.19 (Wed)


haicyuu_14_11_19_01.jpg

haicyuu_14_11_19_02.jpg

haicyuu_14_11_19_03.jpg

haicyuu_14_11_19_04.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

前回遠かったので、もう少し近くで撮りたいと今季2度目のハイチュウポイントへ行ってきました。
昨日は1時間ほど飛んだそうですが、今日は4時少し前から10分ほど奥の寝床付近を飛んでくれただけでした。
前回と同じぐらいの距離だったのですが、ピンボケがさらに多かったし、4時ごろだともう赤ぽっくなってしまうのも残念でした。



ベニマシコ

2014.11.16 (Sun)


benimasiko_14_11_16_01.jpg

benimasiko_14_11_16_02.jpg

benimasiko_14_11_16_03.jpg

benimasiko_14_11_16_04.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

昨季はベニマシコとの出会いがほとんど無かったのですが、今季はシーズン初めから出会があって期待が持てそうです。
この調子でオオマシコも入ってくれると嬉しいですね(^^)

ミサゴ

2014.11.15 (Sat)


misago_14_11_14_00.jpg

misago_14_11_14_01.jpg

misago_14_11_14_02.jpg

misago_14_11_14_03.jpg

misago_14_11_14_04.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

臨海緑地へミサゴの飛込みを撮りに行って来ましたが、どうしても近くへ飛び込んでくれません(-_-;)
行く方と逆方向へ飛び込むのは勘弁してください。すごーく疲れます( ┰_┰)
遠くで飛び込み、近づいてきてブルブルしたところをパチリ。

ハイイロチュウヒ

2014.11.13 (Thu)


haicyu_14_11_13_01.jpg

haicyu_14_11_13_02.jpg

haicyu_14_11_13_04.jpg

haicyu_14_11_13_54.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

10分間シャッターを切りまくった成果はピンアマ画像の大量生産でした(^^;;
葦原を低空飛行するハイイロチュウヒを撮るのはただでさえ難しいのに、遠いと辛いですね。
もう少し近くを飛んでくれるようにチュウヒに頑張ってもらわないとね(^^)

チュウヒ

2014.11.12 (Wed)


cyuuhi_14_11_12_01.jpg

cyuuhi_14_11_12_02.jpg

cyuuhi_14_11_12_03.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X

〇〇漁港の葦原にハイチュウを撮りに行ってきました。
3時少し前に現れチュウヒと追いかけっこしながら10分ほど飛んでくれましたが遠かったミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ
あのねぐらの位置じゃ今季もダメかも…
これからハイチュウの画像チェックしますが全部ゴミ箱へ行きそうで怖い(^^;;

今日はチュウヒだけです。

ハマシギ

2014.11.06 (Thu)


hamasigi_14_11_06_03.jpg

hamasigi_14_11_06_01.jpg

hamasigi_14_11_06_02.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS-1D X
ポカポカ陽気に誘われて、臨海緑地を覘いてみたら20~30羽のハマシギが飛び回っていました。

back-to-top