7D Mark II テスト

2015.08.30 (Sun)
tubame_15_08_28_00.jpg

tubame_15_08_28_01.jpg

tubame_15_08_28_02.jpg

tubame_15_08_28_03.jpg

tubame_15_08_28_05.jpg
↑ツバメの幼鳥が畑で採餌してたので7D Mark IIの練習相手になってもらいました。ピンはそこそこ来てるようですが、モヤッとした感じとボケの汚さが気になりました ↑
 スタンダードのJPG撮って出し、アンシャープマスク+2、ライティングオプティマイザOFFの設定になっていました。
 なんだかコントラストが弱くて単調な感じですが、これはこれで落ち着いた良い感じとも言える(笑)
 やはりRAWで撮った方が後の調整の幅が広くて良いですね。

tubame_15_08_29_01.jpg

tubame_15_08_29_00.jpg
↑コシアカツバメでAFテスト。領域拡大や中央一点など試してみましたが、山バックに入るとピンは来ませんでした(^^;↑
 かなりトリミングしていますが、RAWで撮って風景モード、シャープネス+2、シャドー+3の設定でカッチリした画になりました。
 アンシャープマスクだとエッジが立ちすぎちゃう感じでした。

misago_15_08_29_00.jpg
↑遠くの木に留まったミサゴ。長辺を1700ピクセルでトリミングして1024ピクセルに縮小したものです↑
 RAW現像で風景モード、シャドーを+2、、ハイライト-3、シャープネス+2

EF500mm F4L IS II + EOS-7D Mark II

もう少し使い込んでみないとハッキリ言えませんが、等倍で見ると1DXとの違いは顕著です。
ボケ方と高ISOのノイズを覘けば、RAW現像ではネットで使う程度の大きさの画像ならそれほど違いは感じられませんでした。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://joker432.blog.fc2.com/tb.php/342-a7c07e3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top