野鳥たちとララバイ

昔々ある所に歌の上手いじい様が居ったそうな。じい様が子守唄を歌うと鳥達がたくさん集まって来たそうな。本当か嘘か、私もそんな技が欲しい。(2012年12月31日Blogスタート)

ミヤコドリ

miyakodori_17_02_05_10.jpg

miyakodori_17_02_05_11.jpg

miyakodori_17_02_05_00.jpg

miyakodori_17_02_05_14.jpg

miyakodori_17_02_05_02.jpg

miyakodori_17_02_05_03.jpg

miyakodori_17_02_05_04.jpg

miyakodori_17_02_05_05.jpg

miyakodori_17_02_05_07.jpg

miyakodori_17_02_05_13.jpg

miyakodori_17_02_05_09.jpg
EF500mm F4L IS II + EXTENDER EF1.4X III + EOS 5D Mark IV

数年ぶりにミヤコドリを撮りに行って来ました。
最大で50羽ほどの群れになりましたが、現地に早くから居た鳥友さんの話では100羽以上居たそうです。
小潮だったので潮位が上がらず飛び出しは撮れないのではと心配でしたが、何かに驚き2度ほど飛び出してくれました(^^)
スポンサーサイト

 ミヤコドリ

7 Comments

kumako  

着物の柄みたいですね
美しいです

2017/02/12 (Sun) 22:10 | REPLY |   

Joker  

この鳥さん、嘴が何かに似ていると思いません?
色と形がニンジンに似てることから通称ニンジン君と言われてます。
冬鳥として三重県に毎年入るのですが、反対側の渥美半島にはほとんど来ないんですよね。
来てくれると近いので嬉しいんですけどね。

2017/02/13 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   

kumako  

へへ、人参だらけですね
古典で習ったミヤコドリより風雅です
そ、あれっ知ってるのと違う鳥だぞ と調べました
勉強になります はい

2017/02/15 (Wed) 08:23 | REPLY |   

Joker  

確か昔の物語に出てくるミヤコドリの姿が今のユリカモメに似てるので
昔はユリカモメのことをミヤコドリと呼んでたんじゃないか?ってやつですね。

今日は長久手に鳥撮りに行ったついでにオガワコマドリも見てきました。
前回とあまり変わらなかったのでブログへの掲載は無いかも(^^;
3月中頃に発色が良くなったらまた行く予定です。

2017/02/15 (Wed) 21:49 | EDIT | REPLY |   

kumako  

発色が良くなるんですか
面白いですね
お越しの際は是非おしらせください
座布団三枚ご馳走します
小川さんのとこに出前しましょうか😋
ユリカモメ どこに行く途中なんだか不明ですが、町中で鳴くんです
ミヤコドリなんて典雅な鳴き声じゃありませんよね
そういえば、夏と冬 顔が全く違いますね
伊勢物語でミヤコドリを見たのは、夏らしいのですが
書かれているように、赤い嘴と脚、目立ちますかねえ?
頭のほうに目がいっちゃいそうです

2017/02/16 (Thu) 00:24 | REPLY |   

Joker  

繁殖期に備えてメスを誘惑する準備で発色が良くなるんですよね(^^)
繁殖地への旅立ちが先か、発色が先か、3頑月中頃答えが出ます。
期待して待ちます(^^)

確かに夏羽のユリカモメは頭の方が目立ちますね。
嘴も脚もそれほど目立ちませんね。
なんじゃろ?

2017/02/16 (Thu) 18:52 | EDIT | REPLY |   

kumako  

ね、なんじゃろ? ですよね

2017/02/16 (Thu) 19:41 | REPLY |   

Leave a comment